2015年01月31日

第60回全日本インドア選手権大会中継

 すでに知っている方も多いと思いますが、明日2月1日(日)9時より開催される全日本インドア大会がネット中継されるようです。連盟のホームページにも告知されていますし、ソフトテニスマガジン3月号にも掲載されています。
 出場選手がトップ選手ばかりです。中高生の皆さんもせっかくの機会なのでぜひ観てください。

USTREEAMトップページ(http://www.ustream.tv/)より「第60回全日本インドアソフトテニス選手権大会」で検索。
 または、
第60回全日本インドアソフトテニス選手権大会CH1
http://ustre.am/17wL4
第60回全日本インドアソフトテニス選手権大会CH2
http://ustre.am/17wM4
で観ることが出来ます。
posted by 応援おじさん at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月30日

イースタングリップ

 自分がソフトテニスを始めた頃は、軟式はウエスタン、硬式はイースタングリップと教えられていた。軟式はドライブ、硬式はスライスと打ち方も違っていて、コナーズvsボルグのゲームを見ていても同じテニスでも全く違うなと思っていた。今はどうだろう。バックハンドこそ裏面を使ってることや両手打ちなので違うけど、フォアはボールの硬さの違いで多少スピンのかけ方は違うが軟式と同じドライブだ。グリップもほとんどウエスタンのように見える。そう、グリップは打ち方によって自由に変えればいいんだよね。フリーグリップっ言うのかな。
 ソフトテニスの教本を見ていると、サーブのところにオーバーハンドのスライスサーブなどは、イースタングリップが良い。などと書かれているが、そのイースタングリップってどのように持つの?連続写真を目をこらしてみるがイマイチ良くわからない。
 それならウエスタングリップはどうか。地面に置いたラケットを上から握る。それだと少し厚いからラケットを持つ手と同じ側の足の甲に置いて上から握る。(自分はこのやり方)ある先生は、ラケットを持って肩の高さで水平にラケットを前に出し、面も水平にしたときに、腕とラケットが一直線になれば正しく握られていると。(これも納得)教え方はいろいろあるけどウエスタングリップと言えば、皆さんだいたい同じ持ち方になっているよね。
 戻ってイースタングリップ、その本によってはいわゆる包丁握り、ウエスタングリップから90度回転させた持ち方か、同様に90度回転した状態で握手をするように握る持ち方(結果45度回転させた状態)か、連続写真はあってもグリップの握りかたは説明の無い本もあって分かりづらいように思う。
 前に買ったNTT西日本広島の中本監督の本「ソフトテニス 裕ちゃんの戦略の考え方 PART2」中で、シングルス戦でのいろんな打法を大庭選手の連続写真で解説しているんですが、内容はよく分かるけどグリップだけは???なんです。皆さん逆セミイースタンって分かりますか?たぶんこうだろうとは思っていますが自信はありません。中本監督、また来てくれないかな〜。直接聞くのが一番なんですが。
 ネットで調べてみると分かりやすいサイトがありましたので紹介します。若い人たちはすでに知っているかもしれませんね。ここでは、包丁握りのイースタンはコンチネンタル、45度回転させた、セミイースタンと呼ばれているのがイースタンとしています。たぶんこれが正しいと言うか分かりやすいと思います。グリップの握り方も親指の第一関節をグリップのどの面、角に合わせるかで決めるのでよく分かります。また、その場合の問題点として、手の小さい女性や子供たちは、ウエスタングリップなどでは少し薄い握りになっることも書かれており、微調整する判断にも役立ちそうです。ぜひ、読んでみてください。
 結果、自分はノーマルなウエスタングリップ、サーブはコンチネンタルグリップと分かりました。ただ、このグリップだと最近フラットに当たらなくなってきたし、子供たちに教えるにもちょっと悩みますね。安藤先生もファーストサーブはイースタンと勧めているんですが、実際のグリップがどっちなのか分からないので次回の研修会で確認しようと思ってます。
 
ソフトテニスの話

第1話に書かれてます。
 
posted by 応援おじさん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月25日

1/72theory

 先週は中学インドア大会の応援をサボり安藤先生の研修会へ行ってきた。3年間の約束で、北海道の中学校の指導者のためにと引き受けていただいた研修会である。今回で8回目、自分は2回目からなので7回参加したことになる。今回が最後だ。毎回参加していて、繰り返し繰り返しきいていても次から次へと新しい気づきを与えてもらえる研修会なのだ。そして、聞いたり、見たりしているだけではダメ、先生の問いに自分の頭で考え、手を挙げて答える。そう、小中学校の授業と同じなのだ。間違っても、分からなくても積極的に話さなければいけない研修会。この緊張感は普段なかなか経験しなくなっていたものだ。
 昨日、今日と部活に行ってきた。安藤先生の研修会に出た後は、教えてもらったことは試したいといつも思っている。前回までの二回はどちらかと言えば、ストロークやボレー、サーブなどの一つ一つのプレーの技術指導が多かったので、覚えてきたことを選手にアドバイスする事が出来た。今回は先生の選手と考えるソフトテニス、そのベースとなる「72分の1理論」を最初からもう一度教えていただいたものだったので、選手にどのように伝えたら良いか、頭の中のイメージが新鮮なうちに教えたい思っていた。
 昨日は2年生だけの練習だった。インドア大会の成績も良かったので良い雰囲気で練習をしている。少しだけ自分の時間をもらって、選手に話した。2年生は顧問の先生から「72分の1理論」の考え方を教えられているので反応が早い。理論を選手が自分の頭で考えることが出来たら、負けづらいテニスが出来るようになる。安藤テニスの1歩目だ。
 今日は1年生だけ、「今日はたくさん打てるぞ」って言ってたら、先生が自分の気持ちを察してか、「72分の1」を1年生に教えてとのリクエスト。全く準備していなかったので、ちょっと慌てたが、マーカーを置きながら、研修会の頭に浮かべイメージトレーニング、そして本番、理論をおぼえるための言葉の定義の説明、ボールを使っての説明と実践、次から次へと進めてしまったものだから、ちょっと困惑顔。やっちまったかな。安藤先生の教え方は問答形式、けっして一方的に話さない。選手が自分で考えて回答しないと身につかないと教えられていたのに、自分もまだまだ修行が足らないか?後のフォローを先生にお願いした。次は上手くやりたい、いつでも出来るように準備しておかないといけないね。
 研修会のビデオをダビングしていたら、安藤先生が外部コーチのあり方について話されたところがちょうど耳に入ってきた。先生の出版された教本にも書かれていたが、どういうスタンスで行うべきか、「我が子を他人と見ることが出来ない外部コーチはチーム育成に関わることは不可」「外部コーチをやらせてもらってるんだということを忘れてはいけない」そんなことを強く語っていました。安藤先生自身が外部コーチだから言える言葉だと思います。肝に銘じなければなりません。かみさんにもやらせてもらっているんだから、筋肉痛であっちが痛いこっちが痛いと文句を言うんじゃない。とも言われてますが。
 安藤先生が、今回が区切りだが、これからも身体がつづく限り、研修会をしていただけると約束してくれました。来年度の日程は4月、11月、1月です。多くの顧問の先生、指導者の方が参加してほしいと思います。少しは「72分の1理論」を理解しているつもりなので事前に説明する事も出来ますので、声をかけてください。
posted by 応援おじさん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月19日

第37回中学選抜インドアソフトテニス研修大会2

 遅くなりました。インドア大会の結果です。
FAXで送ってもらったので、見づらい個所がありますが勘弁してください。
 新人戦の結果とも少し違って、夏に向けて楽しみな結果になりましたね。

結果はこちら
はこだて ソフトテニス 応援ページ
posted by 応援おじさん at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月18日

ごめんなさい

 ブログのアクセス件数が増えてきて焦ってます。安藤先生の研修会に参加していましたので残念ながら中学インドアは観に行っていません。そのため、結果をアップ出来ません。男子が赤中、女子が港中が優勝したと聞きました。明日、結果をFAXでもらうことになっています。アップロードはあす以降になります。申し訳ありません。
posted by 応援おじさん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月16日

第37回中学選抜インドアソフトテニス研修大会

 明日から中学インドアが始まります。残念ながら今回は応援に行くことが出来ません。安藤先生の講習会と日程が重なってしまいました。安藤先生の講習会も3年間の予定の最後となります。次年度以降はどうなるか分かりません。安藤学級の最後の授業になるかもしれないので出席しようと思います。
 インドア大会はどこが勝ちあがってくるのでしょうか。新人戦で勝ち上がったペアのほか、どこが上がってくるのでしょうか。楽しみですね。結果が分かればすぐに掲載したいと思います。コメントに速報でアップしていただくと嬉しいのですが。
posted by 応援おじさん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ホームページ公開2

 ホームページを公開して半月が経ちました。ページの左上にアクセス件数を表示しているのですが300件を超えてびっくりしています。件数が増えてくると気になってチェックするのですが、直接アクセスするとカウントが増えてしまうので、件数を書き込んでいるファイルを直接見て確認しています。実際にはどの位の人たちに覚えていただいたのか気になるところです。このブログと上手く連携して情報を提供出来たらいいかなと思っています。
 ソフトテニスに関係しているホームページはどこもそんなに頻繁に更新していないようです。道南の大会の結果だけでは記事も多くは無いですね。今、考えているのはリンク集を充実させようかなと思っています。どこでもやっているのかもしれませんが、中高生に役立つようなソフトテニスのサイトや動画サイトのリンクを集めようかと思っています。お薦めのところがあればホームページのお問い合わせフォームで教えてください。

はこだて ソフトテニス 応援ページ http://hakodate.to/softtennis/ 
posted by 応援おじさん at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月12日

たくさんの感動をありがとう!函館市民体育館 

 函館市民体育館は今日の成人式が最後の利用となりました。もうすでに一部は取り壊しの準備に入っていました。大きなイベント会場は市内にはここしかありませんので、成人式まで取り壊しを待ったのだと聞きました。調べて見ると竣工は1975年2月ですからほぼ40年になります。たぶん、この体育館が出来てからは成人式はここで行われてきたと思うので40年、二十歳の人も還暦を迎えているんでしょうね。自分もここで成人式を迎えたのを思い出します。そして今日娘の成人式がこの体育館の最後のイベントだったんです。
 先日も書きましたが、この体育館が出来たのが中学2年だと思うので、最初の頃から利用していたんですね。出来た当初は、学校の木造の体育館しか知らないので、すごく立派な近代的な体育館だと思っていました。ここで、初めて賞状もらうことが出来ましたし、当時の日本ナンバーワン前衛、横江さんが出場された試合の副審で、横江さんのサイドラインギリギリに入ったボレーが速すぎて全く見えず、思わず手を挙げてアウトのミスジャッジをしたことが思い出されます。
 その体育館のアリーナ最後のスポーツ利用が昨日、一昨日の「ナガセケンコー」サプライズ講習会でした。球拾いでの参加でしたが、全日本、アジア、世界で活躍された平田さん、上原さんの一つ一つの指導、プレーは感動しますし目に焼き付いています。中高生はどう感じたのでしょうか?最後に模範試合で男子女子それぞれ1ペアが3ゲームマッチでしたが試合をしてましたが、羨ましいですね。最後にしっかりとアドバイスをもらっていましたので、それを次に活かして貰いたいですね。
 お手伝いされていた、役員や先生方と、高校野球の甲子園ではないですが、記念に体育館の床板貰って帰ろうかと冗談を交わしながら、見ていました。スタンドには「たくさんの感動をありがとう!函館市民体育館」と書かれてました。入館者、1000万人達成とも書かれていました。
 多くの人たちがここで汗を流し、泣き、喜び、そして記憶に残して、今日最後となりました。
 ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
posted by 応援おじさん at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月10日

手を挙げよう

 今日は、ナゲセケンコーの講習会だった。平田監督、上原コーチが来函された。3年前に札幌へ行ってからこの2年間で、安藤先生の講習会が6回、熊田先生の講習会、ナショナルチームの川上トレーナー、高川コーチの講習会、NTT西日本広島チームの講習会など、たくさん参加したが、せっかく講習会に参加したのなら何かしら自分のプラスにしないといけないと思っている。今回参加した中学生はどうだったのかな。今回の講習会のようにたくさんの参加者がいる場合、講師の方に直接教えてもらえた人は何人いたのかな。教えてもらえなかった人の方が多分多いよね。こんな時は勇気を出して「手を挙げよう」だと思う。「後衛二人出てきて」「どうしてか分かる」講師の問いかけに手を挙げる。みんなの前でプレーをしてミスしたら恥ずかしい。こうだと思うけど自信がない、言うのはやめておこう。でも、最初のやれば直接教えてもらえるし、間違っても発言すれば、顔を覚えてもらえて後からアドバイスを貰えるかも。今日は○○君が、平田監督と乱打してましたよね。羨ましかったなぁ俺も。そう思ったひともたくさんいんるんじゃない。ちょっと勇気を出せば、みんも出来るチャンスはあったと思うよ。もちろんいつもいつも、みんなができるわけじゃないけど、そういうチャンスは活かしてほしなぁ。
 明日は、講習会二日目、高校生が対象だけど、またボール拾いに行こうかな。新しいことを覚えるのは嬉しいよね。
posted by 応援おじさん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月05日

第41回北海道中学生インドアソフトテニス選手権大会2

 全道中学インドア大会の最終結果です。
画質が悪くてすみません。

DSC_3810.JPG

DSC_3811.JPG

posted by 応援おじさん at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第41回北海道中学生インドアソフトテニス選手権大会1

 全道中学インドア大会の途中経過です。
残念ながら道南勢は1,2回戦で敗れてしまいました。

DSC_3806.JPG

DSC_3808.JPG



posted by 応援おじさん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月03日

ホームページ公開

 鈍くなった頭をフル回転させ、頭の隅に追いやられていた記憶を取り戻し、悪戦苦闘した結果、ホームページを公開することができました。新しいソフトにない機能は脳みその中の記憶を発掘するような作業でしたが、まあまあ納得できるかなと思っております。お時間があれば覗いてください。また、ご感想、ご意見、ご要望があれば、このブログへコメントしていただくか、ホームページのお問い合わせフォームへ書き込んでいただければと思います。

はこだてソフトテニス応援ページ
posted by 応援おじさん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記