2014年01月31日

春高バレー

 ちょっと前のことですが、春高バレーの準決勝と決勝をTVで観戦しました。特に女子の試合は九州文化学園が準決勝、決勝とも0−2からの逆転勝利でした。決勝の相手は東九州龍谷、こちらも強い伝統校、白熱したゲーム展開にかみさんと二人TVの前に釘付けで、1ポイント決まるたびに、深呼吸、ドキドキして見てました。結果はマッチポイントを9回も取られながらも、セッターがエースにトスを上げ続け、エースも凄いプレッシャーの中スパイクを打ち、最後もエースが決める、ドラマのような試合でした。
 その後、BSの再放送を録画していたので、先日、かみさんと最初から見ました。結果は分かっているんだけど、やっぱり興奮して見てました。娘のテニスの試合を見ているような気持ちになります。
 そう言っても、2回目なのでいろんなことを思いながら見てました。それを少し書きたいと思ってます。

 今バレーボールは人気ですよね。オリンピックで活躍したこともあるけど、それ以前から露出度が多くなったと言うか、国際大会がTVに多く放送されるようになり、メジャーになったように思います。でも、これって、テレビ局や協会?の戦略が上手く行ったから、いろいろ考えてバレーボールをメジャーにしよう、普及しようとの活動が実を結んだのでしょう。
 マスコットキャラクターを作り、大会にジャニーズを呼び、バレーボールファン以外の人にもみてもらえる機会を増やし、また、選手一人一人にもスポットライトを当て、スター選手にしていく。また、そのスター選手に見て、憧れてプレーしている高校生にも目を向けて『春高バレー』なんて言葉も認知されるようになった。
 羨ましいですよね。自分が中学生のころはバレー部、バスケ部、卓球、羽根球、サッカー、野球いろんな部活がありました。もちろん、軟式庭球部もありました。でも、どうでしょう、少子化で子ども達が少なくなったこともあり、部活の数は減っています。その中で減ってきているとはいえソフトテニス部って割と残っていると思うんですよね。中学生の競技人口の中では人数の多い部活だと。ところが、高校生になるとガクンと減ってしまいます。もちろん硬式に転向する人も多いです。大学、社会人になるともっと減ってしまう。自分も社会人になって何年かやって辞めてしまったので、大きなことは言えないのですが、スポーツってプレーするだけではなく、見ていても楽しい、ワクワクするものでないと広がらないのかなと思います。
 ソフトテニスは生涯スポーツだと言われています。先日、市民体育館へ行きましたら隣では年配の方々が楽しそうに卓球をしていました。卓球もソフトテニスもその年代やレベルでずっと続けることが出来るスポーツです。後は、もっとスポットライトが当たって、観戦する人が増えてくれば、盛り上がるし競技人口も増えてくるように思いますね。  (続く)
posted by 応援おじさん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月20日

第36回中学選抜インドアソフトテニス研修大会3

 中学選抜インドアの女子の結果です。

優勝 野口・野口(大野中)
準優勝 高橋・山川(五稜中)
3位 大沢・吉田(五稜中)
   鈴木・坂本(大川中)
入賞したみなさんおめでとうございます。

女子はほとんど見ることができませんでした。優勝の野口ペアは新人戦に続いて連勝ですね。強いですね。第2シードが棄権して反対の山は誰が上がってくるか、面白い展開だったのでしょうね。準優勝した高橋・山川ペアは結果が出せて良かったですね。でも、次は追われる立場、負けないように練習頑張って。残念ながら棄権してしまった土門・森ペアも次はリベンジに期待です。

 これから、3か月はインドアでの練習です。どこの学校体育館を他の部活と交代で使っていて思うように練習ができないと思います。また、基礎からしっかり見直したり、トレーニングに時間をかけることもできます。どれだけ工夫して練習できるか。春にはその結果に差がでると思います。

 
 昨年講習会でいろいろとトレーニング方法も教えてもらっているので呼んでいただければ行きますよ。最近は運動不足なので。
posted by 応援おじさん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月19日

第36回中学選抜インドアソフトテニス研修大会速報2

 札幌へ帰るバスの中です。
残念ながら女子の試合は少ししか見れませんでした。結果は明日FAXでもらえる事になっていますので夜にはアップ出来ると思います。
 もし、わかっている方がいらっしゃいましたらコメントに書き込んでもらえれば嬉しいです。
posted by 応援おじさん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月18日

第36回中学選抜インドアソフトテニス研修大会速報

 中学選抜インドアの男子の結果です。
優勝 簗・中野(本通中)
準優勝 渡部・村上(五稜中)
3位 竹内(蓮)・黒滝(森中)
  本間・中坂(本通中)
入賞した皆さん、おめでとうございます。

冬季間、どこの学校も思うように練習が出来ない中、どこが伸びてきているか楽しみにしてきました。
新しい顔ぶれも見えますが、全体的にはどこも練習不足かな。ラケットが振れていませんね。男の子にしては少し元気がなく、攻めるボールも少ないと親しくさせていただいている先生と話していました。

去年は12月にかけて講習会などで、旭川、札幌をはじめ全道各地の中学生のプレーを見てきました。先日行われた全道インドアで優勝したペアも参加していました。8月の全道中学も行きました。もちろん上手な子たちばかりではありませんが、彼らのプレーやそれ以外での雰囲気というか、佇まいというか、態度というか、それらが目に焼き付いています。比べるつもりはないけど、ちょっと違って見えました。

一所懸命やっているのは同じなんだと思います。でも、違うんですね。上手くなりたい気持ちのレベル?

個々のレベルが上がれば全体のレベルが上がる?全体のレベルが上がればさらに個々のレベルが上がる?気持ちのレベルが上がれば、技術のレベル、スキルが上がる?そんな気がします。

明日は女子です。最後まで見れませんが、覗いてきます。

posted by 応援おじさん at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記