2013年10月25日

10万球

 寒くなりましたね。先日は道東で雪が降りました。今日も朝から雨模様、外でボールが打てるのもわずかですね。
 ソフトテニスマガジンに10万球?10万本?打って県大会でジュニア上がりの選手と互角に戦うために・・・。そんな特集がありました。その指導者の先生は1日200球、250日、2年間で10万球。そのための練習の工夫が紹介されてました。
 1日200球って少ないと思いますか、多いと思いますか。練習日数250日って少ないと思いますか、多いと思いますか。部員が20人、コートは2面、ボールは200球、練習時間は準備・後片付け・ウォーミングアップも入れて3〜4時間。「200球は簡単に打てる。練習はほぼ毎日だし10万球なんて軽い、楽勝」。でも本当にそうだろうか。
 中学に入学、いろんな部活を見学してソフトテニス部に入部、コート整備も始まるがコートを使い始めるのがゴールデンウイークのちょっと前、5月からすぐに打たせてもらったとして、3年生の全道大会8月初めまで2年3ヶ月。部員の多い学校は3年生が引退するまでボールをあまり打てないことも多いのではないですか。外のコートを使えるのは5月から10月までの6ヶ月。学校行事もあります。テスト前は練習が休み。雨も降ります。コートは使えない。9月以降は日が暮れるのも早い。11月以降は体育館練習、他の部活と時間を調整して、しかも1面、狭いので普通に打てない、外のコートの10分の1も打てるだろうか。
 10万球を打つことって難しいことかもしれません。当麻中を指導されてました安藤先生は1日2時間の練習だったと聞いています。365日休まず練習したのかもしれません。冬でも体育館練習が十分に出来たのかもしれません。でも、効率よい練習の工夫や選手の集中力は想像できます。また、コートを使わなくても選手が普段からトレーニングなどしてたのではないでしょうか。今度先生に詳しく聞いてみようと思います。
posted by 応援おじさん at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主練しよ

2013年10月20日

自分のボールを2個用意しよう2

 先日高校のゴーセン杯を観戦していました。女子の試合の時ですが、先輩が「大事なポイントでファーストサーブが入らない」と話していて、自分も「ポイントを分かっていないですよね」と返したのですが、先輩はポイントは分かっているけど入れようとすると入らないんだと話してました。いつも中学生を見ているのでポイントのことなどあまり理解していないかなと思っていましたが、高校生は分かっているんだと。「お前はどうだった」と聞かれ、とっさに「へなちょこサーブでしたけど入れてました」と答えましたが、確率はどうだったかな???(^。^;)
 野球のピッチャーが大事な場面でストライクが入らないのは見ますね、それと同じなのでしょうね。それならどうすればいいのか、・・・。やはり数多く練習で打つことでしょうか。それも、ゲームのポイントを想定して、2−2、3−1、1−3、それぞれ違うと思います。また、同じゲームポイントでもペアとの作戦でも違うのでしょうか。微妙な狂いでも入らなくなってしまうサーブには、もっと練習時間を割きたいものです。それなら、トス練習などは時間の空いているときにもっとやって欲しいと思います。中学の練習時間は短いのでなおさらですね。

posted by 応援おじさん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主練しよ

2013年10月06日

第13回ゴーセン杯南北海道高校研修ソフトテニス大会速報

バスで札幌へ移動中。ゴーセン杯の結果です。
男子1年生
優勝 熊谷・近江(函館工業)
準優勝 千葉・吉江(函館工業)
3位 阿部・東(森)
   佐々木・増田(函大有斗)

男子2年生
優勝 新川・松田(森)
準優勝 鈴木・中坂(函館工業)
3位 牧・佐藤(函館工業)
   田中・伊藤(八雲)

女子1年生
優勝 笠松・能登谷(函館稜北)
準優勝 平野・張磨(市立函館)
3位 柴田・松本(八雲)
   和泉・古内(市立函館・函館商業

女子2年生
優勝 市戸・竹村(函館大妻)
準優勝 大和・神林(函館大妻)
3位 中村・大和(函館商業)
   高橋・日景(函館稜北)

 入賞された皆さんおめでとうございます。
 久々に高校の試合を見ました。高校の試合は平日が多いのでなかなか見ることが出来ません。中学校で一緒にやっていた子たちがどれだけ上手になっているのか気になっていました。楽しかったですね。やはり高校生、レベルは違いますね、上手くなってました。前衛・後衛が逆になっていたり、ペアが敵味方に分かれていたり、違う中学校でも対戦した子たちもたくさんいて、あちこち動き回っては観てました。
 女子2年生の決勝戦は帰りのバスの時間があって観れませんでした。結果だけメールで教えてもらいました。最後は市戸さんの気持ちの入ったシュートボールが決め手になったのでしょうか。個人的には男子八雲高校の松浦・伊藤ペアで戦っているのも観たかったですね。次はインドアの大会ですね。今から楽しみです。
20131006ゴーセン杯男子1年生.pdf
20131006ゴーセン杯男子2年生.pdf
20131006ゴーセン杯女子1年生.pdf
20131006ゴーセン杯女子2年生.pdf
posted by 応援おじさん at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記