2013年05月16日

第36回ソフトテニス中学研修大会

中学春季大会の結果です。

男子団体戦
優勝  森中学校
準優勝 赤川中学校
第3位 本通中学校
    八雲中学校

女子団体戦
優勝  上磯中学校
準優勝 港中学校
第3位 五稜中学校
    的場中学校

男子個人戦
優勝  石橋・加賀(赤川)
準優勝 福永・齋藤(七飯)
第3位 伊澤・加賀谷(森)
    滝澤・谷本(上磯)

女子個人戦
優勝  二ッ谷・川崎(本通)
準優勝 野口・野口(大野)
第3位 清水・土門(大野)
    山本・阿部(的場)

入賞したみなさん、おめでとうございます。

久々の投稿です。いろいろと書きたいこともあったのですが、パソコンに向かうと手が進まなくなってました。モチベーションが下がっていたのかな。駄目ですね、こんなことじゃ。

 さて、今年の春季大会は天気が悪く大変でした。選手もそうですが運営している連盟の方、顧問の先生方も大変そうでした。初日の団体戦はどのチームも予選リーグ1回戦を終了した頃に雨が強くなり中止となり、翌日に順延、翌日は団体戦の残りと個人戦をすべて消化しなければならず、5ゲームマッチで行われました。それでも、最後の試合、女子個人戦の決勝が終わったのが午後7時、コートに12時間以上もいたことになります。
 試合は今年雪解けが遅く、外で打ち始めたのが遅いせいか全体には打ち込み不足、練習不足のように思えました。また、5ゲームマッチなので、簡単なミス、サーブレシーブが悪いと一気にポイントを取られ負けてしまう試合が多く見受けられました。個人戦の3−0のゲームがかなり多かったです。その中で男子団体は赤川中、森中が順当に勝ち上がりました。新人戦優勝の的場中は力を出し切れなかったのでしょうか。女子は混戦の中、上磯中が優勝、大野中、本通中が予選リーグを突破できなかったのは意外でした。中体連に向けてどこが伸びるかわからないですね。
 注目は、女子個人戦。準決勝、決勝は二ッ谷・川崎、野口・野口、清水・土門のペアが順当に勝ち上がりました。ペアは変わっていますが、昨年から何度も何度も戦ってきたライバル同士、どこが勝つのか。今回は、いつも悔しい思いをしていた二ッ谷・川崎ペアがリベンジを果たしました。しっかりと気持ちの入ったボールを打ってましたね。
 息子は残念ながら今回はお休み。いよいよ残すところは中体連。絶対にあきらめない。手を抜かない。頑張ろう。
posted by 応援おじさん at 00:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記