2021年01月08日

安藤先生

 昨年の2月に安藤先生が亡くなられて、もうすぐ1年になります。先生に最後に教えていただいてから2年、いつも楽しく、元気とやる気をもらえる講習会。もう参加することが出来ないんですね。

 先生が亡くなられてから、先生が出版された本の事など、ネットで見ていて、先生の娘さんのブログを読みました。全中優勝の時のエピソードや、その後のテニスをやめた事など。その娘さんのペアが、その後世界大会などで活躍された事も書かれていました。その頃自分はもうテニスをしていなかったので、当時活躍した選手の事は全く知りませんでした。そのペアの方が誰なのか、安藤先生に聞く事も出来ないのですが、気になっていました。

 先日、ベースボールマガジン社から「軟式庭球からソフトテニスへ 日本代表の全歴史」が出版され、購入しました。日本代表の戦績の記録のページから読んで、娘さんのペアが誰なのか、多分そうだろうと分かったところで、最初から読んでみようと表紙、目次とページをめくりました。ドキッとしました。安藤先生の教え子の事を調べていたら、安藤先生がいたのです。最初のページ、プロローグに安藤先生が生前話されていたことが書かれていたのです。「テニスをしている中・高生がナショナルチームの選手のプレーを見る機会が少ないことがもったいないねえ。…」

 ソフトテニスには沢山の素晴らしい指導者がいらっしゃいます。安藤先生が、ソフトテニスを理論としてまとめた先駆けであり、最高の指導者のであった事。そして編集の方が、この言葉を選んで巻頭に載せてくださっていただいたことが、とても嬉しく、安藤先生の思いを今後に繋いで行かなけれいけないと思いました。


posted by 応援おじさん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月13日

中学生からの意見

東北jrソフトテニスのページに投稿がありました。

http://touhokujrst.club/touhokust/archives/2031

子供たちの声にどう答えてあげられるのか。


posted by 応援おじさん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月10日

中学夏季大会

 昨日行われた中学夏季大会も結果です。コロナで中止になった各大会の代わりに行われたようです。3年生の最後の大会でした。

F7DEA88E-A512-4F02-9B5E-D11D5FE5EEEC.jpeg

3BA358A2-9433-4A7B-8839-ADEA936F92CF.jpeg

440BC4C1-0A86-4615-B907-EFD67999AE64.jpeg

162B1608-4862-4036-A79A-B3AE4CC95B30.jpeg


posted by 応援おじさん at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月28日

夏季高校選手権大会2

団体戦の結果です。

3年生にとっては最期の大会だったんですね。

15328FE3-4116-4BA2-AC41-259634572D9B.jpeg

posted by 応援おじさん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月27日

夏季高校選手権大会

 久々に大会を観てきました。
コロナの影響で中止となったインハイ予選の代わりなのでしょうか。出場選手はかなり少ないのは残念ですが、
少しずつですが日常が戻ってきたように思いますね。明日は団体戦も行われる予定です。

1F57CEE6-CE63-430F-BCA5-925B5E3322F7.jpeg

B60034D2-CE7F-4A7C-BE3E-667B127927AE.jpeg


posted by 応援おじさん at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

分析用スコアシート

 安藤先生のビデオ解説の時に、子供達の大会のビデオ映像が、思い出のビデオをになっていませんか?と参加している先生方に話されていました。また、先生が指導されていた学校では、大会ごとに子供達に全試合のスコアを記録させて、子供達に分析させていたことも話されていました。ファーストサーブがいかに大事なのかなど、子供達に自ら確認してもらうためです。
 
 自分でも、分析出来るスコアシートを作れないか考えてみました。後から子供達で記録し易いように、公式のスコアシートに項目を追加したものです。ソフトテニスマガジンの付録についていたスコアシートを真似て、エクセルシートにしています。ipadに保存して大会で使ってますが、子供達に大会のDVD渡す時にスコアシートも一緒に渡してます。

 少しずつ改良を加えて、自分なりに何とか使えるものになったと思います。さらに良いものにしたいので、もし使ってみたいと思われる方はファイルを送付しますので、コメントに書き込んでいただけますか。
posted by 応援おじさん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

伝えたい事3

 前に安藤先生の研修会で行われた、安藤先生による平成23年の全中決勝戦のビデオを解説している様子をビデオに収録し、編集したDVDを観ています。これは、安藤先生にお願いして、平成27年11月に行われた研修会で実現したビデオ解説でした。先生の研修会は2回目の参加からビデオに撮ってはいたのですが、そのままDVDに焼いて保存していました。毎回10時間以上になりまだテープに残ったままのものもあります。この回のビデオ解説は、とても分かりやすく、研修会の記録としてもしっかりと残したいと、決勝戦の映像と先生の解説を編集してDVDにしました。
 
 また、観ていると、安藤先生の伝えたかった、教えたかったテニスが分かるように思えます。それはすべてではないと思いますが、自分にとっては目指すべきもの、目標になったように思います。
 
 解説の最後に、研修会に参加して、一緒に先生の解説を聞いていた子供たちに語りかけます。「前衛の人、どうだい、これくらい決めたら楽しくない?」「こういう試合やりたいなぁー 後衛が辛抱して、そして前衛がバン・・・」

 先生の研修会のビデオは延べ120時間を超えるぐらいあると思います。すぐには出来ないですが、先生の貴重な指導方法の映像を、編集して残して伝えていければと思います。

 でも、ビデオを見ていると、先生に「この場合はどうすればいいですか・・・。」次回の研修会で教えてもらおう・・。つい、思ってしまいます。でも、もうかなわないのですね。
posted by 応援おじさん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月11日

伝えたい事2

 土曜日に当麻町に行きました。安藤先生と話したくて。息子さんが迎えてくれました。「先生、今日は研修会の予定だったんだよね。今、教えている子に、どう教えたら良いか聞きたかった。まだまだ教えてもらいたい事いっぱいあったんだよ。」
 先生の遺影を見ていると、研修会での先生の事が思い出されます。1年前、72分の1理論をもう一度しっかりと教えたいと、今までと違い、指導者だけの研修会が開催されました。今回は前回参加したメンバーだけの完結編として予定されていました。先生の、この研修会にかける思いが伝わってくるものでした。
 残念ながら、もう先生から直接教えていただく事が叶いません。

 前回、伝えたい事で投稿したのは、安藤先生がお亡くなりになる直前だったようです。その日の練習も、安藤先生から教えられた指導方法でした。しばらく投稿していなかったのに、書こうと思ったのは、先生が私自身の覚悟を言わせた事なのでしょうか。 

 そんな気がします。
 
posted by 応援おじさん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月06日

訃報

 2月3日、安藤先生がお亡くなりになったと連絡がありました。
 昨年の指導者研修会が急遽中止になったこともあり、体調が悪いのかと心配しておりましたが。

 突然の知らせに、気持ちの整理が出来ません。

 先生は、指導者として全中に何度も出場し輝かしい成績を残されました。その間、全国で講習会を行なって、その指導理論を伝えられてきました。そして、ここ数年は北海道のレベルアップのために、何度も何度も指導者講習会を開いて下さいました。私も16回参加したでしょうか。部活動にソフトテニスを選んでくれた子供達に上手になって、テニスの楽しさを知って欲しいとの思いで、指導されていました。私にとって、ソフトテニスの学校の授業でした。

 最後にお会いしたのが、1年前の講習会。まだまだ教えていただきたいことがありました。12月の滝川のインドア大会、近くまで行ったのですから当麻まで行けばよかったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by 応援おじさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

伝えたい事

 今、参加させてもらってる学校で、少しだけ時間を貰って7・3ボレーの練習をしてみた。全道、地区の2回のインドア大会を観ていて、全道とは前衛のレベルの差が大きいと改めて感じたからだ。後衛のストローク力も差があるが、前衛のポジション、チャンスボールでの決定力、ここがレベルアップ出来れば、後衛とのコンビネーションも良くなり、二人で一本のテニスに繋がるのではと考えています。地区では後衛のストローク力だけで勝てても、全道では、決定力不足で勝ち切れない。10年以上見てきているが、全道レベルとの差は縮まらないように思う。
 自分は後衛だったので、前衛を教えるのは自信が無く、関わった子供達にちゃんと教えられていなかったと思う。
 安藤先生に指導していただいて6年以上になるが、先生の指導方法の中で72分の1理論が有名だが、自分にとっては、前衛の指導方法、前衛のスタイルも独特なもののように思えています。徹底した分析により、中学生の前衛に必要な技術は何か、限られた練習時間の中でどのように教えるのか。十数回にも参加した研修会、安藤先生が伝えたい事、少しでも実践出来たらと思っています。
 今日は上手く行かなかったかな。もっとわかりやすく説明出来ないと、空回りしているのが自分でも分かる。
 次の練習までに修正しないといけないね。 頑張ろう。
posted by 応援おじさん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記